自動売買について

自動売買(EA)とは、売ったり買ったり決済したりといったFX取引の全てを、
予めプログラミングされたルールに従って自動で行う、トレードをするロボットのことです。
 
FX会社に口座を開設してMT4と呼ばれるツール(無料)をインストールしたら、
運用したい資金を入れてスイッチを入れるだけで、
あとは勝手にロボットが取引を行ってくれるのです。
 
お掃除ロボットのFX取引版だと思って頂けると、イメージがしやすいかもしれません。
eatte
自動売買取引のメリットは、
① 画面に貼り付いていなくてもよくなること
② PCの電源を切っても大丈夫なこと ※1
③ プロのトレード手法がプログラミングされていること ※2
④ 長期の資産運用が可能なこと
⑤ 過去の検証データがあること
⑥ 初心者でもすぐに始められること
⑦ 他のことをしていてもトレードチャンスを逃さない
などが挙げられます。
————————————————————————————
※1 VPSを使った場合
※2 プロが作っていないものもありますので注意しましょう
————————————————————————————
 
他にも特徴として知っておいた方がいいのは、
① 機械なのでプログラミングされたことしかやらない
(融通が利かない)
② 経験というパラメーターがない
(記録は残りますが記憶は残りません)
③ 負けても落ち込まない
(淡々とトレードを続けます)
 
などがありますが、この辺りは一見デメリットのように見えて、
実はトレードにおいてかなり重要なファクターを占める精神的な部分をカバーしてくれています。
感情に左右されない取引ができるようになることは、トレーダーにとって最後で最大の課題です。
 
トレーダーは、一度負けると次のトレードには半信半疑で挑んでしまいます。
この時点で相場に飲み込まれていますし、負けた後のトレードの量が小さくなると、
結局は勝ちよりも負けのほうが大きくなり、所謂、「損大利小」という、
典型的な退場パターンになってしまいます。
 
裁量トレード(自分でやるトレードのことです)のほうが優れている面も沢山ありますが、
人間は残念なことに調子の波があるので、勝ち続けることが難しいのです。
 

・自動売買は同じ相場が二回来たら二回とも同じ結果になる
 
・裁量トレードは同じ相場が二回来ても同じ結果になるとは限らない

 
 
★ FX自動売買を始めるにあたって必要なもの
 
FX自動売買(EA)に興味が湧いたら、始めるのは簡単です。
まず、MetaTrader4という自動売買を稼働させるために必要なプラットフォームを提供している、
FX会社(証券会社)に口座を開設します。
 
▼ Forex.com

 
ただ、自動売買はMT4業者によって微妙に成績が変わってきますので、
どのMT4業者がそのEAにマッチしているかは、開発者に聞いてみるのがいいと思います。

 
FX会社が決まったら、次はEAを24時間稼働させるためのVPSが必要になります。
VPSとはつまり、レンタルサーバーのことで、この中でEAを稼働させることで、
自分のPCは電源を切っていても、自動売買は24時間行われるということになります。
 
▼ レンタルサーバーはこちらが鉄板です 弊社も使っています

 
これらにかかる料金は、EA購入代金(数万円~十数万円)と、
レンタルサーバーの月額料金(数千円)となります。
 
 

ページ上部へ戻る