EA開発について(2) 新規作成

EA(エキスパートアドバイザー)を新規作成する方法について
■メタエディタから新規作成をクリックしてください。

■「エキスパートアドバイザー」を選択後「次へ」をクリックします。

エキスパートアドバイザー エキスパートアドバイザー作成時に選択 拡張子mq4
カスタムインディケータ インジケーター作成時に選択 拡張子mq4
スクリプト 一度に複数の処理を実行したい場合に選択 拡張子mq4
ライブラリ よく使う関数を別ファイルにしたい場合に選択 拡張子mq4
インクルード(*mqh) 外部ファイルを作成する場合に選択 拡張子mqh
新しいクラス クラス作成時に選択 拡張子mqh

■MQLウィザードが表示されたら、ファイル名を記載し次へをクリックします。
著作者とリンク、パラメータは任意で設定してください。後で変更することが可能です。


著作者を追加すると下記のコードがmq4ファイルに追加されます。
#Property copyright “Copyright 2017, MetaQuotes Software Corp.”

リンクを追加すると下記のコードがmq4ファイルに追加されます。
#Property Link “https://www.mql5.com”

パラメータを追加すると下記のようなコードがmq4ファイルに追加されます。
input int Input1;

■onTimerとonChartEventはチェックせずに次へをクリックします。

onTimerは、チェックすると下記コードが追加され、一定時間ごとに実行されます。
doble OnTester(){…}

OnChartEventは、チェックすると下記コードが追加され、
チャート上のオブジェクトが生成、移動、削除、編集のイベントが発生した場合処理されます。
void OnChartEvent(const …){…}

■OnTesterはチェックせずに次へをクリックします。

OnTesterを追加すると下記コードが追加され、
ストラテジーテスターで最適化を行う際に処理されます。

■エキスパートアドバイザーの編集画面が表示されます。

以上でEA新規作成の手順は終わりです。

関連記事

ページ上部へ戻る