EA開発について(5) 変数について

変数について

■数値などを格納するために変数を利用します。

変数には、相場情報やロット数、名前などを格納し、トレードの条件を比較する場合などに利用します。
変数は下記の種類があります。

int 整数を格納する変数
double 少数を含む数値を格納する変数
string 文字列を格納する変数
bool 「true」または「false」を変数に格納する変数
color 色の値を格納する変数
datetime 日時を格納する変数

変数名は下記のルールがあります。
・半角英数と「_」のみ利用可能です。
・大文字と小文字は別の文字として認識されます。
  「abc」「Abc」は別々の変数として扱われます。
・変数名は最大31文字までです。
・すでに利用されている下記予約語は利用できません。
    bool,break,case,color,continue,datetime,default
    double,else,extern,false,for,if,int,return
    static,string,switch,true,void

変数を比較する演算子は下記のルールがあります。

演算子 内容
= A=B 右辺の値を左辺に代入
== A==B 左の値と右の値は等しい
|| A||B A又はB
!= A!=B 左の値と右の値は等しくない
> A>B 左の値は右の値よりも大きい
>= A>=B 左の値は右の値以上
< A 左の値は右の値よりも小さい
<= A<=B 左の値は右の値以下
+ A+B 加算
A-B 減算
* A*B 乗算
/ A/B 除算
++ A++ Aに「1」を加算
A– Aから「1」を減算
+= A+=1 A=A+1
-= A-=1 A=A-1
&& A&&B AかつB

関連記事

ページ上部へ戻る